2013年11月07日

明日から地域決勝!

…といっても見に行けるわけもなく。
でも、参加するチームにとっては、ほんとに大事な大会。

一応解説しておくと。
9つの地域リーグの優勝チームなど、12チームが集まって、地域リーグ以下の日本一を決める大会です。
と同時に、上位チームにはJFLへの昇格権が与えられます。
(もちろん辞退してもかまいませんが)

…なのですが、今年はちょっと様相が違います。

今年のJFLは18チームで開催していましたが、来年はJ3が12チーム、JFLが14チームということで確定しました。
J1・J2のチーム数は変わらないから、つまり、来年は全国リーグのチームが8つ増えることになります。
このうち、J3にはJ1・J2の若手選抜チームが入る可能性があるので、地域以下からJ3またはJFLへ、
合わせて7〜8チームが昇格することになるわけです。

今回の全国地域サッカーリーグ決勝大会(地域決勝)では、上位3チームにJFL昇格の権利が与えられます。
…でも、J3またはJFLへ行くチームは7〜8。
ということで、J3参加チームの選考、JFL昇格チームの残りの選考には、地域決勝の成績が参考にされる(成績だけで決められるわけではなく、あくまでも参考ですが)次第です。

***

明日からは、12チームを4組に分けての1次ラウンドが始まります。
組み合わせはこちら。

A組:(1)グルージャ盛岡(2)FCコリア(3)FC KAGOSHIMA(4)ノルブリッツ北海道
B組:(1)FC大阪(2)マルヤス工業(3)レノファ山口(4)ヴォルカ鹿児島
C組:(1)ファジアーノ岡山ネクスト(2)サウルコス福井(3)FC今治(4)ジョイフル本田つくばFC
各組とも、
8日 10:45〜(1)×(2) 13:30〜(3)×(4)
9日 10:45〜(1)×(3) 13:30〜(2)×(4)
10日 10:45〜(1)×(4) 13:30〜(2)×(3)

※地域リーグからJ3行きの可能性を残すのは、盛岡、山口と、地域決勝不参加のアスルクラロ沼津の計3チーム。

各組の1位と、2位のうちの最高成績チーム、計4チームが22日からの決勝ラウンドに進みます。
はたしてその4チームはどこになるのでしょうか…。

どうか全ての皆さんが、悔いなく全力を出しきれますよう。
posted by 新右衛門 at 22:56| Comment(0) | JFL情報

2013年11月01日

第31節の試合

3連休は拙者全く身動きがとれない状況ですが、それでもJFLの試合はあります。
第31節の9試合、日程はこちら。

11/2 13:00 横河武蔵野FC×Honda FC@武蔵野
11/3 13:00 AC長野パルセイロ×ソニー仙台FC@佐久
11/3 13:00 MIOびわこ滋賀×佐川印刷SC@東近江布引
11/3 13:00 FC琉球×Y.S.C.C.@沖縄市陸
11/3 13:00 藤枝MYFC×カマタマーレ讃岐@藤枝市民
11/3 13:00 ブラウブリッツ秋田×FC町田ゼルビア@秋田西目
11/3 13:00 HOYO大分×栃木ウーヴァFC@大分市営
11/3 13:00 ホンダロックSC×福島ユナイテッドFC@小林市営
11/3 13:00 SC相模原×ツエーゲン金沢@相模原麻溝

首位長野と2位讃岐の勝点差は4。
残り4試合なので、長野がこの点差を維持できれば、優勝に王手をかける(=次の32節で決める可能性がある)ことになります。
ここまでのリーグ戦30試合でわずか2敗の長野が、そのまま王手まで進めるか?
…なのですが、実はその2敗のうち1つが前期のソニー戦。
引き分けでも、JFL史上初の「同一シーズン連続23戦無敗」が達成されるわけですが、さてさて…。

長野は仮に勝利を逃しても、引き分け以上、または町田が引き分け以下なら2位以上が確定。
過去にHondaとSAGAWAしか記録したことのない、「3年連続2位以上」を達成することになります。
そうなった場合、長野がJ2昇格の資格を持たないので、J2の21位の残留も同時に決まります。

讃岐は、勝った上で町田が引き分け以下になった場合2位以上が確定。
成績面では、J2昇格へ向けて入替戦以上を決めることになります。
…もっとも、財務面で一筋縄ではいかなさそうな状況ですが…。

そしてこのときは、同時に町田の3位以下が確定。
つまり、1年でのJ2復帰の可能性が無くなることになります。

さて、どうなるでしょうか。
上位に限らず、それぞれ、いい試合になりますように。
posted by 新右衛門 at 23:58| Comment(0) | JFL情報